栃木県栃木市・群馬県板倉町・埼玉県加須市に跨る三県境について

三県境は栃木県栃木市・群馬県板倉町・埼玉県加須市(北川辺地域)に跨り、道の駅きたかわべの南東方向約500メートルの水田にある行政界です。 三県境は以前、渡良瀬川の中に位置していたが、明治時代から大正時代にかけての渡良瀬川の改修工事により、現在の河道に変わり、現在の水路の位置となりました。 

1 加須市での位置づけ

加須市では、「渡良瀬遊水地利活用推進計画」において、「北川辺スポーツ遊学館」、「道の駅きたかわべ物産販売施設」、「渡良瀬総合グラウンド」などとのネットワークにおいて重要な要素の一つとして位置付けられています。 

2 三県境界確認のための測量業務実施

三県境確認のため、2市1町(栃木市・板倉町・加須市)を代表して栃木市により、平成28年1月8日から測量が実施されました。 その結果、三方向からの水路の交点から、以前、入れられたと思われるコンクリート製の杭が見つかり、その点が三県境と確認されました。

3 三県境の利活用

関係市町(栃木市、板倉町)とともに、三県境を観光資源の一つとして、有効活用に向けた検討を進めていきます。

三県境の写真
三県境確認の写真

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

北川辺総合支所 地域振興課

〒349-1212
埼玉県加須市麦倉1481番地1
電話番号:0280-62-2111(代表) ファックス番号:0280-62-2114
メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年03月23日