地域ささえあいプラン【加須市地域福祉計画(第2次)・地域福祉活動計画】

地域ささえあいプラン【加須市地域福祉計画(第2次)・地域福祉活動計画】を策定しました

「地域福祉計画(平成24年度~平成28年度)」の期間満了に伴い、新たな計画(平成29年度~平成33年度)を、社会福祉協議会が策定する「地域福祉活動計画」と一体的に策定しました。

策定にあたっては、「ふれあい懇談会」や「市民アンケート」などを実施し、地域の現状や課題を把握するとともに、加須市地域福祉計画推進等懇話会で検討しました。今後、本計画の推進を通して、すべての人が安心して生活できる社会のための仕組みづくりに努め、地域福祉施策の一層の推進を図ります。

地域福祉とは

すべての市民が安心して生活を送れるよう、市民、地域、社会福祉協議会をはじめとする各種組織や団体、行政がそれぞれの役割を果たしながら地域全体で力を合わせて課題解決に取り組むことです。

基本理念

「ともに生き、ともに支え合うまち かぞ」 誰もが支える側にも支えられる側にもなる地域福祉の考え方を広め、互いに思いやりの心で支え合っていけるまちを目指します。

基本目標

1.ともに支え合い・助け合う人づくり

地域福祉を推進していくためには、市民一人ひとりが地域福祉について理解を深め、福祉を身近に感じられる環境をつくることが大切です。そのため、地域福祉に関する周知活動や生涯学習を通じて地域福祉の意識の向上を図ります。

また、地域の人びとがお互いに助け合い、支え合う社会をつくるためには、身近な地域での福祉活動の活性化が重要であることから、地域活動を担う人材の育成を促進するとともに、身近な課題に気が付く地域社会をめざすための地域活動やボランティア活動等を充実します。

2.健やかにいきいきと暮らせるまちづくり

健康な状態のまま暮らし続けることは、誰もが望んでいることです。いきいきとした暮らしを送り、長く社会と関わりを持つために、家庭、地域、学校、職場、保健・医療・福祉関係機関の連携を図りながら、健康づくりの支援をします。

また、地域医療機関と保健・福祉の関係機関の連携を強化し、市民が必要なときに必要な医療や介護を受けられる体制の充実を図ります。

さらに、市民の様々な価値観やライフスタイルに応じたスポーツ活動を支援し、市民の健康保持増進や体力向上を図ります。

3.安心して暮らすことができるまちづくり

誰もが住み慣れた地域で安心して生活するために、支援を必要とする方を把握するとともに、各種の相談に対応し、経済的支援や自立促進など個々に対する適切な支援を図ります。

そのため、地域の見守り活動などを進めるとともに、日頃からの地域住民同士の交流を促進します。

さらに、安全で安心なまちづくりを実現するため、地震等の災害に備えた体制を進めるとともに、地域での犯罪や交通事故を防ぐための対策を推進します。

4.福祉サービスが利用しやすい仕組みづくり

地域において福祉サービスや支援を必要とする人の相談体制の充実を図るとともに、多様なサービスを利用できるよう、利用者のニーズに応じた情報が得やすい環境づくりを推進します。

市民が住み慣れた地域で、安心な暮らしを享受できるよう、保健・医療・福祉など各種福祉サービスの充実を図るとともに、支援を必要とする人が各種サービスを安心して利用できるように、総合的にサービスを提供できる地域福祉の仕組みづくりに取り組みます。    

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 地域福祉課(本庁舎1階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-4281
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年01月10日