シリーズ障害を知る/12

発達障害と公的支援・・・2

発達障害は昔からあった障害です。しかし、最近まで理解されなかったため、障害に気付かぬまま大人になる人も多いそうです。大人になってから、発達障害の診断を受ける方もいます。

周囲の理解と公的な支援を

発達障害の原因はまだよく分かっていませんが、現在では脳機能の障害と考えられていて、小さい頃から症状が現れています。

早い時期から周囲の理解が得られ、能力を伸ばすための療育等の必要な支援や環境の調整が行われることが大切です。

発達障がい児の福祉サービスとしては、児童発達支援や放課後等デイサービスなどがあります。療育についてご相談がある方は、障がい者福祉課までお問い合わせください。

問い合わせ先:障がい者福祉課(内線197)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課(本庁舎1階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-4281
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日