シリーズ障害を知る/4

聴覚障害・・・1

聞こえにくい(または聞こえない)ということは、音声による会話が難しいということ。そして、周囲の音の情報が届かないということです。

聞こえにくさは個々に違い、補聴器を着ければ聞き取れるということでもありません。そのため、コミュニケーションに一つの完璧な方法があるわけではなく、相手や場面に応じて声・筆談・手話など、いくつかの方法を組み合わせることが大切です。

最近では、聴覚障害のある方との会話にスマートフォンが役立つようになりました。また、手話への関心も高まり、学びたい方も増えているようです。

手話のイラスト

手話講習会(入門)平成28年9月6日から始まります。

聴覚障害者の講師がやさしく手話を教えます。

聴覚障害者との出会いで視野が広がります。

詳しくは、このサイトの「手話入門講座受講生募集!」または市役所及び各総合支所にリーフレットがありますので、ご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課(本庁舎1階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-4281
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日