シリーズ障害を知る/3

視覚障害

ひと言で視覚障害と言っても、さまざまです。まったく見えない方もいれば、目の前の文字は読めるのに歩くときに障害物にぶつかってしまう方、障害物は避けられるのに文字が読めない方もいます。

白杖を持っていたり、盲導犬を連れていたりして、一見して視覚障がい者と分かる方もいますが、そうでない方もいます。援助するときは、そばに行って、前から「お手伝いしますか」などと声をかけましょう。「結構です。」と言われても、気を悪くしないでください。慣れた場所にいる場合など、援助を必要としないこともあります。

視覚障害のイラスト
この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課(本庁舎1階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-4281
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月01日