日本の近代音楽の基礎を作った/下總皖一の紹介

作曲家としての下總皖一

 「たなばたさま」「花火」「野菊」「ほたる」などの曲は、下總皖一の曲として有名ですが、実は、彼の作曲分野は極めて幅広く、合唱曲、器楽曲、協奏曲や校歌など、多岐にわたっています。 

 また、箏の曲、三味線の曲など日本の伝統音楽についても作曲し、その数2,000曲とも3,000曲とも言われています。

音楽理論家としての下總皖一

 昭和9年(1934)ドイツ留学から帰って、翌10年に著した理論書「和声学」は、ドイツでの恩師パウル・ヒンデミットから激賞されました。その後次々と理論書を著し、「作曲法」「日本音階の話」「作曲法入門」「楽典」「音楽理論」「対位法」など日本の近代音楽の基礎を作ったとされています。「和声学」の神様とも言われています。

音楽教育家としての下總皖一

 東京音楽学校を首席で卒業した下總は、各地の学校で教鞭をとりました。女子師範学校・各地の師範学校・小学校・女子高等師範学校など。
 また、留学から帰朝後は母校東京音楽学校で、東京芸術大学では音楽学部長をつとめるなど、数多くの俊英を育てました。

下總皖一略年譜
明治31年(1898年)   3月31日、埼玉県原道村大字砂原75(旧大利根町)に父吉之丞、母ふさの二男として生まれる。
明治45年(1912年) 14歳 3月、栗橋尋常高等小学校高等科を卒業。
大正6年(1917年) 19歳 3月、埼玉師範学校本科一部を卒業。(現・埼玉大学)
大正9年(1920年) 22歳 3月、東京音楽学校を首席で卒業。記念奨学賞を受ける。(現・東京芸術大学)
4月、長岡女子師範学校に赴任。 
大正10年(1921年) 23歳 1月、飯尾千代子と結婚。
9月、秋田県立秋田高等女学校へ転任。秋田県師範学校付属小学校にても教鞭をとる。この地で新居を構えた。
大正13年(1924年) 26歳 9月、栃木師範学校に転任。千代子夫人病気がちのため伸枝と改名。下總も覚三改め、皖一を名乗る。本格的に作曲に取り組む。
昭和2年(1927年) 29歳  4月、上京。居住を牛込喜久井町に移す。
昭和7年(1932年) 34歳 3月21日、文部省在外研究員として、作曲法研究のため渡独。ベルリンの国立ホッホシューレに入学。パウル・ヒンデミット教授に師事。
昭和9年(1934年) 36歳 9月3日、滞独2年の留学生活を終えて神戸港に帰着。東京音楽学校講師となる。
12月、助教授となる。
昭和10年(1935年) 37歳 曲:三味線協奏曲
著:和声学
昭和13年(1938年) 40歳 曲:箏独奏のためのソナタ
著:作曲法
昭和15年(1940年)  42歳 文部省教科書編集委員となる。 
昭和16年(1941年) 43歳 9月、品川区上大崎に転居。
昭和17年(1942年) 44歳 3月、東京音楽学校教授となる。
昭和19年(1944年) 46歳  著:日本音階の話
昭和25年(1950年) 52歳 下總皖一混声合唱曲集10巻の出版始まる。
昭和30年(1955年) 57歳 11月、文部省教科調査委員となる。
昭和31年(1956年) 58歳 10月、東京芸術大学音楽学部長となる。 
昭和33年(1958年) 60歳 1月、東京国立文化財研究所芸能部長となる。
11月、文部省視学委員となる。
昭和34年(1959年) 61歳 6月1日、東京芸術大学音楽学部長を辞任。教授として逝去まで同大学に在籍。
昭和37年(1962年) 64歳 7月8日、胆石、肝臓ガン、肝硬変の悪化で他界。

「高く飛ぶ鳥は 地に伏すこと長し」

 下總皖一は、若い人たちに向かって、いつもこの言葉を投げかけていました。

 若いときにこそ、下積みの時代にこそ我慢をし、努力をし、実力を蓄えて、そして高く飛ぼうと。

若い頃の下總皖一の写真

若い頃の下總皖一

道の駅にある下總皖一の銅像の写真

道の駅にある下總皖一の銅像

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課(パストラルかぞ内)

〒 347-0006
埼玉県加須市上三俣2255
電話番号:0480-62-1223 ファックス番号:0480-62-2221
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年12月20日