市指定文化財「玉敷神社神楽殿」茅葺き屋根の修復を行っています

市指定有形文化財の「玉敷神社神楽殿」茅葺き屋根の修復

「玉敷神社神楽殿」は、年に4回、国指定重要無形民俗文化財である「玉敷神社神楽」が奏演される舞台です。神楽殿の茅葺き屋根は、経年劣化により傷んでいるため、約16年ぶりとなる茅の葺き替え(差し茅)による修復をします。 修復工期は、9月中旬頃(予定)までです。

現在では珍しくなった茅葺き屋根の修復の様子をご紹介していきます。

※詳細は、下記リンク先の「加須インターネット博物館」にて公開していますのでご覧ください。

(玉敷神社神楽殿の概要) 所有者:玉敷神社/所在地:加須市騎西552-1

【建物名】 玉敷神社神楽殿

【指定】 市指定有形文化財(平成4年3月16日)

【建立】 天保7年(1836)

 【規模】 幅6.84m 奥行き8.53m

【構造】 正面入母屋、側面寄棟。茅葺き屋根。

 

修復前の神楽殿

修復前の玉敷神社神楽殿

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課(パストラルかぞ内)

〒 347-0006
埼玉県加須市上三俣2255
電話番号:0480-62-1223 ファックス番号:0480-62-2221
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年08月23日