農業公社への貸与機械の更新

令和3年第4回加須市議会定例会へ提案予定です

農業公社を支援するため、農業機械の更新

事業名

農業公社支援事業

目的

農業公社を「農業生産法人格を有する株式会社」とすることにより、これらの農地を引き受け、「農家から農地を借りて有効活用する」ことを実現し、農家の管理負担の軽減を図ろうとするものです。

また、担い手の確保・育成や農地の遊休化を防止していくためには、米プラスαの農業経営への転換や6次産業化、多様なアグリビジネスの展開による地域農業の構造改革が求められています。こうした事業を地域の担い手と連携して推進するためかぞ農業公社を支援するものです。

補正予算の概要

代かきローター(ウイングハロー)は3台中の1台が故障して春作業の代かきが遅れ田植作業ができなくなってしまうため、代かきローターと田植機を購入するものです。

また、農業機械の耐用年数は7年となっていますが、すでに5台の内4台の田植機は耐用年数を超えていて、いつ故障するかわからない状態です。

補正予算額 3,825千円

  1. 代かきローター 1台: 1,306,800円
  2. 田植機 1台: 2,517,570円

合計: 3,824,370円

購入時期

  1. 代かきローター
    令和4年3月頃
  2. 田植機
    令和4年3月頃
この記事に関するお問い合わせ先

経済部 農業振興課分室

〒 347-0001
埼玉県加須市大越1708番地1
電話番号:0480-68-4715(代表) ファックス番号:0480-68-4558

更新日:2021年11月19日