7月の行事

京都能楽囃子鑑賞会 7月2日(月曜日)
京都能楽囃子鑑賞会

京都能楽囃子公演会を実施しました。これは文化庁による「文化芸術による子供の育成事業」を活用したものです。京都の能楽堂などで活躍している6名の能楽囃子の音楽家に来校いただき、全校児童の前で、能楽の歴史や楽器について話をしていただいたり、実際の能楽囃子の演奏をしていただいたりしました。子どもたちは、能楽の節回しや独特のかけ声を体験したり、その演奏に聞き入ったりしていました。また、演者の皆さんの真摯に仕事に向き合う姿勢や伝統芸能に対する考え方などに触れることもできました。

学校保健委員会 7月5日(木曜日)
学校保健委員会

保護者と5年生を対象にして、学校保健委員会を実施しました。今回は、埼玉県県民活動総合センターの市民講師である池澤光男先生を講師に招き、「ストレッチの大切さ」について、講話や実技指導を受けました。子どもたちも一生懸命取り組んでいました。けがの防止のためにも柔軟性を高めていきたいですね。

水深小学校太鼓クラブが出演しました!
太鼓クラブ出演

7月7日(土曜日)船越まつりのようす

太鼓クラブ出演

7月8日(日曜日)水深まつりのようす

第4学年落語体験会 7月10日(火曜日)
落語体験会

国語科の学習の一環で、加須落語愛好会の皆様を講師に招いて、4年生が「落語体験」にチャレンジしました。愛好会の皆さんに手ほどきを受けて、実際に落語に挑戦しました。独特の動きや言い回しなど難しいところもありましたが、子どもたちも頑張り、大きな拍手をもらっていました。

第4学年社会科「消防団の仕事」 7月13日(金曜日)
消防体験

4年生が社会科の学習の一環で、水深地区の消防団の皆さんを講師に招いて、「くらしを守る」授業における体験学習を実施しました。はじめに消防団の活動についてお話を聞きました。市内の消防団の数や活動における苦労や工夫などについて学びました。その後、消防車の見学をしました。初めて見る消防車のつくりに子どもたちも興味津々でした。消防団の皆様、ありがとうございました。

レガシー創出事業「渡辺選手と走ろう!」 7月17日(火曜日)
レガシー創出事業

本校は、埼玉県教育委員会から委嘱を受けて、「次代に語り継がれるレガシー創出事業」の研究に取り組んでいます。これは、東京オリンピック・パラリンピックを控え、1 スポーツへの関心を高め、誰もが「する・観る・支える・知る」生涯スポーツへの基盤をつくること 2 あきらめずにチャレンジする強い気持ちや他者を思いやり支え合う気持ちを育むことをねらいにしています。

今回は、その事業の一環で、東京国際大学の駅伝選手である渡辺和也選手に来校いただきました。渡辺選手は実業団の陸上選手として活躍していましたが、自分の夢である指導者になることを実現させるために30歳で大学に入り、30歳のルーキーとして今年の箱根駅伝の第7区を走ったアスリートです。渡辺選手からは、夢や目標をもつことはいつでもできること、夢に向かって努力したり、苦労を乗り越えたりする大切さなどについて教えていただきました。また、実際に子どもたちと一緒に走っていただくこともできました。渡辺選手ありがとうございました。

第5学年林間学校 7月23日(月曜日)~24日(火曜日)
ハイキングの様子

日光戦場ヶ原ハイキングのようす

キャンプファイヤーの様子

キャンプファイヤーのようす

この記事に関するお問い合わせ先

加須市立水深小学校

〒347-0027
埼玉県加須市大室165番地
電話番号:0480-65-2205 ファックス番号:0480-66-0596

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年08月27日