子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の予防接種の機会を逃した方への対応(キャッチアップ接種)について

子宮頸がん予防ワクチン接種は平成25年4月1日より、予防接種法に基づく定期の予防接種となっています。

しかし、専門家による検討会においてHPVワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が接種後に見られたことから、『定期接種を積極的に勧奨すべきでない』とされ、平成25年6月14日付厚生労働省の勧告により、市は積極的な勧奨を差し控えていました。

この度、専門家による検討会において『HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められない』ことや、『接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回る』ことが認められ、『積極的勧奨を差し控えている状態については終了させる』ことが妥当とされました。さらに、厚生労働省より令和3年11月26日付で通知が出され、個別の勧奨を再開することとなりました。

令和3年12月23日に開催された国の審議会の中で、積極的な勧奨の差し替えにより接種機会を逃した方への対応について協議され、厚生労働省より令和4年3月18日付で通知が出されました。

接種対象者

次の2つを満たす方

  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
  • 過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない

対象者には次の日程で個別通知を発送しました。

  • 平成9年4月2日から平成12年4月1日生まれの女性
    令和4年7月14日発送しました。
  • 平成12年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
    令和4年7月29日発送しました。

接種期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

接種費用

無料

接種方法

医療機関に予約をし、母子健康手帳と予診票を持参し接種します。

接種場所

市内委託医療機関

市外(埼玉県内)委託医療機関

『埼玉県住所地外定期予防接種相互乗り入れ接種医療機関』であれば、市内と同様に接種できます。協力医療機関については、埼玉県医師会ホームページの『住所地外定期予防接種相互乗り入れ一般』の接種協力医療機関名簿で確認できます。

県外での接種を希望する場合

接種日に加須市が発行する予防接種依頼書が必要です。予防接種依頼書の作成には、申請が必要で、申請後2週間程度で発行します。予防接種依頼書に基づく予防接種費用は自己負担となりますが、後日申請をしていただくことで払い戻し(上限あり)を受けることができます。

接種回数と間隔

ワクチンには、サーバリックス(2価)とガーダシル(4価)があります。
同じワクチンを3回接種します。(途中からもう一方のワクチンの接種を行うことは、効果や安全性が確認されていません。)

※初回接種から3回目までは6か月程度を要しますので、計画的に接種をしてください。

標準的な接種間隔

ワクチンの種類 1回目 2回目 3回目
サーバリックス(2価) 初回 1回目の1か月後 1回目から6か月後
ガーダシル(4価) 初回 1回目の2か月後 1回目から6か月後

サーバリックス(2価)

2回目は、1回目から1か月以上の間隔をおけば接種できます。
3回目は、1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上の間隔をおけば接種できます。

ガーダシル(4価)

2回目は、1回目から1か月以上の間隔をおけば接種できます。
3回目は、2回目から3か月以上の間隔をおけば接種できます。
 

対象の方は、以下のリーフレット等をよくご覧の上、ワクチンの有効性及び安全性、リスク等について十分に理解したうえで接種を受けてください。

他のワクチンとの接種間隔

HPVワクチンは不活化ワクチンのため、コロナワクチン以外のワクチンとは接種間隔に制限はありません。
しかし、コロナワクチンとは互いに片方のワクチンを接種してから2週間以上の間隔をあけることが必要です。

接種を受けた方へ

接種後は体調の変化がないか十分注意してください。気になる症状が発生した場合は、接種した医療機関やかかりつけ医で診察を受けてください。
各都道府県に「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関」があります。受診については、接種を受けた医師又はかかりつけ医に相談してください。
 

キャッチアップ接種対象者ですでに任意接種した方へ

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方が、定期接種の年齢を過ぎて、任意接種として自費で接種した場合、加須市が定める上限額で払い戻しをします。

対象者

令和4年4月1日時点で加須市に住民登録がある子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種対象者(平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女性)のうち、定期接種を3回受けておらず、定期接種の対象年齢(小学校6年生から高校1年生相当)を過ぎて、日本国内の医療機関で2価ワクチン(サーバリックス)又は4価ワクチン(ガーダシル)を令和4年3月31日までに自費で受けた方。※定期接種の対象となっていない9価ワクチンについては対象外です。
 

払い戻し金額

上限額の範囲内で、最大3回分まで接種費用の実費相当を払い戻しします。
※接種に要した交通費、宿泊費、文書料等は含みません。
 

申請期限

令和7年3月31日まで
 

申請に必要なもの

  1. ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(PDFファイル:316.3KB)
  2. 接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払い証明書等)
    ※原本に限ります。
  3. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)
    ※以下のヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(PDFファイル:206.3KB)(原本)に代えることができます。
  4. 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類(申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの)
    ※申請時住所記載の運転免許証、健康保険証など
  5. 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードの写し(口座番号等確認用

    【注釈】
  • 申請者は18歳未満の方は保護者、18歳以上は本人となります。その他の方が申請される場合は以下の委任状(PDFファイル:169.8KB)(原本)が必要となります。
  • 必要書類が不足している等の場合に、追加資料を求めることがあります。
     

申請方法

子育て支援課すくすく子育て相談室へ持参又は郵送

子宮頸がんワクチンに関する相談窓口

感染症・予防接種相談窓口

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他の感染症全般について、相談ができます。

電話番号: 03-5276-9337
受付時間: 平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

【注釈】

  • 行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
  • 本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

こども局 子育て支援課 すくすく子育て相談室(本庁舎5階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-3471
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年08月01日