玉敷神社だるま市【2月1日】

毎年2月1日、玉敷神社の参道には「だるま」や食べ物などの露店が所狭しと立ち並び、威勢のいいかけ声で活気づきます。

新春に「だるま」を求める風習が始まった時期は定かではありませんが、高崎のだるま商が明治15年頃、埼玉に初めて露店を出したのが玉敷神社であると言われています。

また、当日は福引き抽選会や地元物産の販売なども行われ大変賑わいます。  

参道の「だるま」の露店の写真
玉敷神社だるま市の写真

日時

2月1日(金曜日)午前9時から午後6時まで

会場

玉敷神社(加須市騎西552番地)

内容

・だるま、食べ物等の露店販売

・彩の街騎西スタンプ会による福引き抽選会や地元の物産販売

・平成20年度に国の重要無形民俗文化財に指定された神楽の奉納(午後1時30分頃)

その他

当日の午前9時から午後6時まで、参道付近の道路は交通規制となります。

ご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

騎西総合支所 地域振興課

〒347-0192
埼玉県加須市騎西36番地1
電話番号:0480-73-1111(代表) ファックス番号:0480-73-5501
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月27日