浮野の里(うきやのさと)

武蔵国(むさしのくに)の昔ながらの田園風景を残す『浮野の里』(うきやのさと)は、周辺には屋敷林や田堀、くぬぎ並木などの田園景観が保全され、平成7年度には全国「水の郷」百選に認定され、平成19年度には埼玉県から「緑のトラスト保全第10号地」に指定されています。

4月上中旬には、ノウルシが鮮やかな黄色に色付きます。ノウルシは、トウダイグサ科の多年草で、浮野の里には約1,000平方メートルの群生地があります。ノウルシは、絶滅の危険が増しているとして埼玉県から絶滅危惧2類に指定されている大変貴重な植物です。 

また、6月中旬には地元の皆さんにより「浮野の里・あやめ祭り」が開催され、色鮮やかな花菖蒲や女船頭さんの田舟遊覧など、訪れる多くの人を和ませてくれます。

なお、「加須の浮野とその植物」が、埼玉県の天然記念物に指定されています。

浮野の里を歩く家族の写真
女船頭さんの田舟遊覧の写真

お越しの際は、便利なレンタサイクルをご利用ください

「浮野の里」へお越しいただく経路については、以下の関連ファイル「『浮野の里』道路案内図」をご参照ください。

また、加須駅から「浮野の里」へお越しいただく際には、市営レンタサイクルのご利用が便利です。利用方法等については、以下の関連リンク「観光レンタサイクルをご利用ください」をご参照ください。

関連ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

環境安全部 環境政策課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年04月05日