花咲徳栄高校の第101回全国高校野球選手権大会出場に係る加須市長コメント

7月28日(日曜日)に行われた第101回全国高校野球選手権埼玉大会決勝戦で地元の花咲徳栄高等学校が11-2で山村学園高等学校に勝利し、第101回全国高等学校野球選手権大会(甲子園)への出場を決めました。

第101回全国高等学校野球選手権大会出場にあたっての加須市長のコメントを発表します。

市長コメント

本日、第101回全国高校野球選手権埼玉大会において、優勝を果たした花咲徳栄高等学校野球部の皆さん、甲子園出場決定、誠におめでとうございます。

例年にない不安定な天候の中、163校・152チームが出場する埼玉大会を制し、夏の甲子園に5年連続7回目、春の選抜大会を含めると通算11回目となる甲子園出場の切符を勝ち取りました。

岩井監督の指導のもと、全員一丸となって見事勝ち抜いた花咲徳栄高等学校野球部の皆さんに、地元加須市民を代表して心からお祝いを申し上げます。

皆さんの甲子園でのご活躍は、加須市民にたくさんの元気と感動を与えていただけるものと存じます。

 

加須市長 大橋良一

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課(本庁舎3階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-5981
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年07月29日