加須市議会基本条例の事業評価について

 

加須市議会では、平成30年7月に制定した加須市議会の最高規範である加須市議会基本条例第32条第1項の規定に基づき、議会改革の継続的な取組を進めるにあたり、本条例に基づく活動について事業評価を行いました。

 

1 事業評価方法

事業評価に当たっては、「加須市議会基本条例に係る事業評価実施要領」に基づき、評価を実施しました。

(1)評価体制

〇議会運営委員会8名

委員長 𠮷田健一

副委員長 大内清心

委員 小坂徳蔵、栗原肇、関口孝夫、鎌田勝義、小坂裕、小勝裕真

〇議長 柿沼秀雄

※議長はオブザーバーとして会議に出席

(2)評価の進め方

〇前文及び全33条について1条ずつ評価を行った。

〇評価の段階は、A、B、Cの3段階で評価した。

〇評価に際しては、その評価の内容や理由等を記載した。

〇評価については、事業評価結果表により行った。

【評価の段階】

A:達 成 ・・・ 当該条項は概ね(8割程度)その目的を達成した。

B:一部達成 ・・・ 当該条項は一部(5割程度)その目的を達成した。

C:未 達 成   ・・・ 当該条項は、目的を達成できなかった。(3割以下)

-:対 象 外 ・・・ 当該条項は、評価の対象外とする。

 

2 事業評価結果

(1) 各評価区分(A、B、C)ごとの総数及び割合

評価区分

評価区分総数

評価区分割合

A

22

75.9%

B

2

6.9%

C

5

17.2%

合 計

29

100.0%

※前文、第1条から第4条まで及び第33条は、評価の対象外

(2) 評価区分「B」の主な内容

1. 共生社会の推進(第9条)

主な取組実績のとおり推進したものもある一方、今後の取組予定等にある検討課題もある。

【今後の取組予定等】

・議場に車椅子で入場できるよう、改修することが課題。

・ネット中継時に同時にテロップを入れることや、録画画面に手話通訳者を入れる等を検討課題とする。

2. 政治倫理(第22条)

引き続き、各議員の努力が必要である。

 

(3) 評価区分「C」の主な内容

1. 議会図書室の充実(第21条)

議会図書室の充実には、市議会での議論とスペースの確保が課題である。

2. 特に取組又は案件が無かったもの

ア 取組が無かったもの

・政策討論等の実施(第14条)

・文書質問(第26条)

イ 案件が無かったもの

・附属機関の設置(第17条)

・議員報酬(第30条)

 

 

加須市議会基本条例事業評価結果報告書(令和2年12月)(PDFファイル:563.8KB)

加須市議会基本条例事業評価実施要領(PDFファイル:213KB)

 

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議事課(本庁舎4階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-2193
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年12月25日