加須市における自治協力団体(自治会)の組織 その2

   自治協力団体が秩序を保ちながら活動していくためには、会長や区長などの団体の長をはじめとした、各役員の役割を明確にすることが大切です。

   一般的な役員構成と役割は、次のようなものが考えられます。

 

1.会長、区長(自治協力団体代表者)

自治協力団体を自主的、民主的に運営し、その組織をまとめる最高責任者であり、対外的には団体の意思を伝える代表者としての役割があります。

会長、区長(自治協力団体代表者)の名前・連絡先等を知りたい場合、市民協働推進課または各総合支所地域振興課までお問い合わせください。

2.副会長、区長代理など

会長や区長などの代表を補佐し、ときには代表の役割を代行する責任があります。

 

3.会計

現金の出納や会計書類の整備、備品の管理など、団体の出納責任者となります。

 

4.監事

会計事務が適切に処理されているかどうか、支出が適当であるかどうかを、会計帳簿・領収書等の帳票類や預金通帳・決算書を基にチェックし、総会で報告します。不適切な支出や会計処理があった場合は、改善点を示して今後の活動に生かしていく役割があります。

 

5.班長、協力員、組長など

呼び方はまちまちですが、自治協力団体は、いくつかの班や組に分かれているので、そのまとめ役として班長や協力員などを置いています。自治協力団体の規模によって、役員の負担が大きくなりすぎないよう、人数を調整することが必要です。

 

6.リサイクル推進員

自治協力団体と同じ構成である「地区リサイクル推進協力会」の役員です。原則として、地区リサイクル推進協力会会長は自治協力団体の代表者が兼務し、リサイクル推進員の一人となります。

リサイクル推進員は、地区のごみ全般のリーダーとなり、地区全体が動くよう重要な役割を担います。また、ごみ問題は、モラルの向上が課題解決の鍵となるため、「ごみは住民全体の問題」と認識してもらう広報マンでもあります。

 

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 市民協働推進課(本庁舎3階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-5981
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年06月25日