総合評価方式

価格と業者の技術提案や技術的能力を総合的に評価して落札者を決定する方式(総合評価方式)を実施しています。

公共工事は、品質の確保が確認できる物品購入とは異なり、落札者となった施工業者の技術力等によって品質が左右されます。また、厳しい財政状況を背景に、公共投資の削減が続けられた結果、不良不適格業者の参入によるいわゆるダンピング受注や不良工事が発生するなど、公共工事の品質確保の懸念が高まっています。

このような状況の中、平成17年4月1日に公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)が施行されました。この法律は「価格と品質」の両面で総合的に優れた公共工事の契約を基本に位置付け、公共工事の品質を確保することを目的としています。総合評価方式とは、従来の価格競争だけの評価ではなく、価格と業者の技術提案や技術的能力を総合的に評価して落札者を決定する方法です。

詳細につきましては、発注の際に公告文又は指名通知書にて説明しています。 

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 管理契約課(本庁舎3階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-5981
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月13日