集落営農

集落営農

集落営農とは、一定のまとまりのある地域(集落)内の農家によって組織された営農組合などを中心に、農地や機械の集団的利用などを図りながら、集落単位でより合理的な農業生産活動を展開していくことです。

メリット

ひとつの農家では解決できない地域の農業の問題を集落の農家のみなさんが知恵と力を合わせて解決し、集落も農家も元気になり、そして集落がより豊かになることが集落営農です。

  • 農業にかかるコストが下がります
    (機械を共同で使えば安上がりです。) 
  • 農作業が楽になります
    (集団で行なう農作業は、楽しくて効率的。時間と心のゆとりが生まれます。また、高齢者、女性、兼業農家、それぞれの特技に応じた役割を発揮できます。) 
  • 農地が守れます
    (みんなで考えて集落の農業に取り組めば、農地の保全が図られます。)
  • より地域が豊かになります
    (集落のみんなが語り合い協力し合う中で地域のきずながより深まり、生活環境の改善が図られ、また、地域活動の活性化につながります。)

加須市の集落営農

加須市では、現在3組織の集落営農がそれぞれの地域の実情に即した形態により活躍しています。

関連ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 農業振興課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2017年12月20日