かぞブランド認定制度

かぞブランド認定制度とは

市内の優れた商品や製品、農作物等を「かぞブランド」として認定し、本市の知名度及び産品の付加価値の向上を図り、産業振興及び地域活性化に資することを目的として、平成28年度に創設されました。

対象となる産品等

市内で生産、製造、開発又は加工された一次産品、加工品、工芸品、工業製品、飲食店メニュー

対象となる事業者

市内で農業、商業、工業等を営んでいる個人又は法人、その他の団体であって、市内に事業所を有していること。

認定要件

かぞブランド認定審査基準に基づき、次の4つの項目を総合的に審査して認定します。

1.加須らしさ

市の歴史、伝統、文化、風土から培われ、市内で生産されたもの。

2.優位性・独自性

品質や味等の優位性や、他の生産者の産品と差別化を図っていること。

3.信頼性・安全性

優れた生産技術や、品質を維持・向上するための管理体制、衛生管理がなされていること。

4.市場性、将来性

安定的な生産が見込まれ、販売体制が確立されていること。

認定の流れ

認定品を年に1度募集し、かぞブランド認定委員会及び公募により選ばれた市民モニターにより審査を行ます。その結果をもとに、認定委員会が認定品を決定します。

かぞブランド認定ロゴマーク

デザインコンセプト

市のイメージを象徴させるものとして、以下のモチーフを設定しました。

  • 上部に埼玉一の米どころ「稲」
  • 左側に加須市の郷土料理「うどん」
  • 右側に市の木「桜」
  • 下部には日本有数の生産量を誇る「鯉のぼり」のウロコ
この記事に関するお問い合わせ先

経済部 産業雇用課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月24日