○加須市みんなでつくる防犯のまちづくり推進条例

平成22年3月23日

条例第122号

私たちのまち加須市は、埼玉県東北部に位置し、恵まれた豊かな自然環境のもと、市民が安全で安心して生活できるようにするために、防犯のまちづくりを推進している。

本市では、防犯灯の整備促進をはじめ、青色回転灯による防犯パトロールや携帯電話の機能を活用し、市民に犯罪情報などを配信する「かぞホッとメール」、そして自治会による自主防犯パトロールなど、ハード・ソフトの両面から様々な防犯活動に取り組んでいる。

しかし、近年、自転車盗や車上ねらいなどの街頭犯罪や空き巣などの侵入盗などが多発傾向にあり、私たちの日常生活を脅かしている。また、犯罪内容も多様化、凶悪化、低年齢化してきている。

このような犯罪を未然に防止するためには、市、市民、事業者、警察などの関係機関が連携を密にしながら協働し、犯罪を起こさせにくい環境づくりが必要である。つまり、地域総ぐるみで様々な防犯活動に取り組み、犯罪者に「ここでの犯行は無理だ」と思わせるまちにする必要がある。

ここに、私たちは、地域住民や関係機関などと協働しながら犯罪の防止に力を合わせて更に取り組み、犯罪がなく誰もが住み続けたくなるような「安全で安心なまち加須市」を築くため、たゆまぬ努力を傾けることを決意し、この条例を制定する。

(目的)

第1条 この条例は、防犯のまちづくりを推進するため、基本理念を定めるとともに、市、市民、事業者及び土地建物所有者等の役割を示し、もって市民が安全で安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 市民 市内に居住し、若しくは滞在し、又は通勤し、若しくは通学する者をいう。

(2) 事業者 市内において事業活動を行うすべての者をいう。

(3) 土地建物所有者等 市内に所在する土地又は建物その他の工作物を所有し、又は管理する者をいう。

(4) 関係機関 埼玉県、市の区域を管轄する警察機関及び市内において防犯に関する活動を行う団体をいう。

(基本理念)

第3条 防犯のまちづくりは、市、市民、事業者及び土地建物所有者等が、自らの地域は自らで守るという連帯意識のもとに、それぞれが人権を尊重しつつ、役割を担い、密接な連携を図りながら協働することにより、自主的な防犯活動が積極的に推進され、犯罪のない地域社会を実現することを基本理念として、推進するものとする。

(市の役割)

第4条 市は、前条に定める基本理念(以下「基本理念」という。)に基づき、防犯のまちづくりを推進するために、次に掲げる事項について必要な施策を策定し、総合的かつ計画的に実施するものとする。

(1) 「自分たちの地域は自分たちで守る」という防犯意識の高揚を図ること。

(2) お互いが支え合う地域社会の形成を図ること。

(3) 子どもを犯罪被害から守ること。

(4) 安全な都市環境の整備を図ること。

(5) 規範意識の高揚を図ること。

2 市は、前項の施策を実施するに当たっては、市民、事業者、土地建物所有者等及び関係機関と連携を図るものとする。

(市民の役割)

第5条 市民は、基本理念に基づき、次に掲げる事項を実施するよう努めるものとする。

(1) 日常生活における安全の確保

(2) 安全確保のために必要な防犯措置

(3) 地域における防犯活動への積極的な参加

(4) 防犯教育のための講演会、研修会等への参加

(5) 前各号に掲げるもののほか、地域における防犯活動を推進するために必要な事項

2 市民は、市が実施する防犯のまちづくりを推進するために必要な施策に協力するよう努めるものとする。

(事業者の役割)

第6条 事業者は、基本理念に基づき、事業者が所有し、若しくは管理する施設又は事業活動に関し、次に掲げる事項を実施するよう努めるものとする。

(1) 事業活動における安全の確保

(2) 施設等の防犯対策

(3) 従業員への防犯意識の啓発

(4) 地域における防犯活動への協力

(5) 前各号に掲げるもののほか、地域における防犯活動を推進するために必要な事項

2 事業者は、市が実施する防犯のまちづくりを推進するために必要な施策に協力するよう努めるものとする。

(土地建物所有者等の役割)

第7条 土地建物所有者等は、基本理念に基づき、土地建物所有者等が所有し、又は管理する土地又は建物その他の工作物に関し、次に掲げる事項を実施するよう努めるものとする。

(1) 安全確保のために必要な防犯措置

(2) 地域における防犯活動への協力

(3) 前2号に掲げるもののほか、地域における防犯活動を推進するために必要な事項

2 土地建物所有者等は、市が実施する防犯のまちづくりを推進するために必要な施策に協力するよう努めるものとする。

(推進体制の整備)

第8条 市は、市民、事業者、土地建物所有者等及び関係機関と連携し、防犯のまちづくりを推進するための必要な施策について、総合的かつ計画的に推進するための体制を整備するものとする。

(推進計画の策定)

第9条 市は、防犯のまちづくりを推進するために必要な施策を総合的かつ計画的に実施するための計画を策定するものとする。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成22年3月23日から施行する。

加須市みんなでつくる防犯のまちづくり推進条例

平成22年3月23日 条例第122号

(平成22年3月23日施行)