○加須市原動機付自転車及び小型特殊自動車試乗用標識の貸与に関する規則

平成22年3月23日

規則第55号

(趣旨)

第1条 この規則は、加須市税条例(平成22年加須市条例第52号)第81条に規定する軽自動車等のうち、原動機付自転車及び小型特殊自動車(以下「原動機付自転車等」という。)の車体試験及び販売を目的とした回送のために使用する試乗用の標識(以下「標識」という。)の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸与の対象者)

第2条 標識の貸与を受けることができる者は、市内に営業所又は事業所を有する原動機付自転車等の製造、販売又は修理を業とする者とする。

(貸与申請)

第3条 標識の貸与を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、原動機付自転車・小型特殊自動車試乗用標識貸与申請書(様式第1号)に営業証明書又は登記事項証明書を添付して市長に提出しなければならない。ただし、申請者が市内に営業所又は事業所を有することが確認できる場合は、添付書類の提出を省略することができる。

2 申請者は、申請に際し官公署の発行する運転免許証その他身分を証する書類の提示を求められたときは、これを提示しなければならない。

(貸与等)

第4条 市長は、前条に規定する申請書の提出があったときは、速やかにその内容を審査し、貸与の可否を決定するものとする。

2 市長は、前項の規定により貸与を決定したときは、申請者に対し、試乗用標識(様式第2号)を貸与するとともに、原動機付自転車・小型特殊自動車試乗用標識貸与証明書(様式第3号。以下「貸与証明書」という。)を交付するものとする。

3 貸与する標識は、1営業者につき1枚とする。

(遵守事項)

第5条 標識の貸与を受けた者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 原動機付自転車等を試乗する場合は、標識を車体の見やすい箇所に取り付けること。

(2) 標識を他の者に譲渡し、又は貸与しないこと。

(3) 標識を目的以外に使用しないこと。

(標識の返還等)

第6条 標識の貸与を受けた者は、次の各号のいずれかに該当するときは、原動機付自転車・小型特殊自動車試乗用標識廃止届兼標識返納書(様式第4号)により、速やかに市長に届け出るとともに、標識及び貸与証明書を返還しなければならない。

(1) 標識の必要がなくなったとき。

(2) 当該営業を休止し、又は廃止したとき。

(3) 営業所又は事業所を他の市区町村に移転したとき。

2 市長は、標識の貸与を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、貸与の決定を取り消し、標識及び貸与証明書の返還を命ずることができる。

(1) 偽りその他不正の手段により標識の貸与を受けたとき。

(2) 第5条の規定に違反したとき。

3 標識の貸与を受けた者は、当該標識をき損し、又は亡失したときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。この場合において、当該標識のき損又は亡失がその者の故意又は過失によるときは、弁償金として100円を納めなければならない。

(書類の整備)

第7条 市長は、試乗用標識の貸与状況を明確にするため、試乗用標識貸与管理簿(様式第5号)を整備するものとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成22年3月23日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

加須市原動機付自転車及び小型特殊自動車試乗用標識の貸与に関する規則

平成22年3月23日 規則第55号

(平成22年3月23日施行)