医療費控除の提出書類が簡略化されました

医療費控除の領収書の提出または提示が不要となりました

平成29年分の確定申告から、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

これにより、医療費の領収書の添付または提示は不要となりました。

ただし、経過措置として、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、従来通り医療費の領収書の添付または提示によることもできます。

医療費控除の明細書には、(1)診療等を受けた者の氏名 (2)病院・薬局などの支払先の名称 (3)医療費の区分 (4)支払った医療費の額 (5)支払った医療費の額のうち生命保険や社会保険などで補てんされる金額を記載する必要があります。

医療費控除の明細書の記入内容の確認のため、税務署から領収書等の提示または提出を求める場合がありますので、確定申告期限等から5年間はご自宅等で保管してください。

医療費通知に関する事項

健康保険者等が発行する「医療費のお知らせ」等の医療費通知を添付すると、医療費の明細の記入を省略できます。

医療費通知とは、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」等の医療費の額等を通知する書類で、次の事項が記載されたものをいいます。

(1)被保険者等の氏名 (2)療養を受けた年月 (3)療養を受けた者 (4)療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称 (5)被保険者等が支払った医療費の額 (6)保険者等の名称

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課(本庁舎1階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-3881
メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年01月12日