加須市内で交通死亡事故が多発しています!

高齢者が犠牲となる交通死亡事故が多発しています

加須市では、昨年8件もの交通死亡事故が発生しており、そのうち、7件の交通事故で犠牲となったのは高齢者の方でした。

また、今年の1月18日にも新たに高齢者が犠牲となる交通死亡事故が発生しております。

中には、横断歩道や信号機のないところを横断していた、反射材や自転車用ヘルメットを着用していなかった、一時停止をしなかったなど、被害にあった高齢者が交通ルールを守っていなかったことも、交通死亡事故になってしまった原因となっています。

交通ルールを守りましょう!!

ひとりひとりが交通ルールを守り、交通事故を起こさない・交通事故に遭わないように努めましょう。

歩行中、無理な横断中に交通事故の被害に遭っています。少し遠くても必ず横断歩道を渡るようにしましょう。また、夜間の外出時は、明るい服装を心がけ、反射材を身につけましょう。

高齢者のみなさまへ

歩行中、無理な横断中に交通事故の被害に遭っています。少し遠くても必ず横断歩道を渡るようにしましょう。また、夜間の外出時は、明るい服装を心がけ、反射材を身につけましょう。

歩行中・自転車乗用のみなさまへ

・信号や横断歩道があるところを渡りましょう

・横断中も油断せず、特に左からの車に注意しましょう

・反射材を身につけましょう

ドライバーのみなさまへ

・早めのライト点灯、ハイビームを活用しましょう

・速度を控え「おもいやり運転」を(特に高齢者を見かけた時は)心がけましょう

・横断歩道は歩行者が優先、必ず一旦停止しましょう

 

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

環境安全部 交通防犯課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月12日