住宅改修等資金助成制度

申請は必ず工事着工前にお願いします!!

平成30年6月より、対象者・対象工事の要件と申請書書式が一部変更となりました。

旧リーフレットや旧申請書をお持ちの方は、最新のものをご利用ください。

住宅改修等資金助成制度のご案内

住宅改修等資金助成制度は、市民の方が市内の施工業者により個人住宅の改修工事等を行った場合に、市がその経費の一部を助成するものです。

対象となる住宅

・市民が市内に所有する個人住宅(賃貸住宅、店舗、事務所等を除く)

※ 併用住宅または併存住宅の場合は、個人住宅部分のみが対象となります。

対象となる方(次の全てを満たす方)

・加須市民の方(申込日時点)

・対象住宅の所有者である方

・市税及び各種資金の貸付について滞納がない方

対象工事(次の全てを満たす工事)

・市内業者が行う住宅改修工事

交付決定を受けた後に着工する工事

・対象となる工事金額が20万円以上(税抜)の工事

対象工事例:クロス張替、浴室改装、トイレ修繕、バリアフリー工事、外壁塗装 など

次に掲げる改修工事は、助成の対象となりません。

・市で実施する他の助成金等を受けた工事(予定含む)

・住宅附属建築物や造園工事など居住部分に関係しない工事

・取付工事を伴わない家具や電化製品等の設備改善

対象工事例:納屋、物置、車庫、駐車場、生垣、砂利敷き、本棚、冷蔵庫、据置型コンロなどに係る工事等

助成金額

・助成対象となる工事金額(税抜)の5%(千円未満切捨て)で、上限5万円

※ 過去に当制度による助成金を受けている方は、その額を5万円から差し引いた額が上限額となります。

※ 併用住宅または併存住宅は、工事金額に個人住宅部分の割合を乗じたものを工事金額とします。但し、非個人住宅部分から完全に独立しているなど、割合計算を要しない工事個所もあります。詳しくはお問い合わせください。

その他注意事項

・不明な点がある場合は、必ず事前にお問い合わせください。

・市内業者とは、市内に事業所を有する業者をいい、見積書記載の住所にて判断いたします。

申請に必要な書類

■ 住宅改修等資金助成金交付申請書

■ 住民票の写し(本籍とマイナンバー不要):市民課で交付

■ 市税完納証明書:税務課で証明

■ 土地家屋課税明細書・名寄帳・登記簿謄本 いずれかの写し

■ 改修工事見積書の写し

■ 改修工事前の現場写真(全ての箇所が写っているもの)

□ 建築確認済証(増改築工事において、工事面積が10平方メートルを超える場合のみ)

□ 住宅の図面(併用住宅または併存住宅のみ)

※ 各総合支所においては、「市民税務課」で住民票・税証明等を取得してください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 産業雇用課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年06月04日