10月は食品ロス削減月間です

日本では、『食品ロス』(食べられるのに捨てられている食品)が、1年間で約643万トンもあります。1人あたり1日にお茶わん約一杯分の重さの食べ物が食べられずに捨てられていいます。

この状況をうけ、食品ロスの削減を総合的に推進することを目的とした「食品ロスの削減の推進に関する法律」が令和元年5月31日に公布され、10月1日から施行されました。

この食品ロスの削減するために、10月を食品ロス削減月間とし、10月30日を食品ロス削減の日と定められました。

 

食品ロスを減らすために、できることからご協力をお願いします。

ご家庭で
・事前に、冷蔵庫の中をチェックしてから買いものに行きましょう。
・食材は無駄なく使いましょう。
・料理は食べ切れる分だけ作りましょう。
・必要な食材をこまめに買いましょう。

外食・宴会で
・ちょうどいい量の料理を注文しましょう。
・メニューの中の食べられない食材は、前もって 除いてもらいましょう。
・宴会のお開き前15分間は「食べきりタイム」!

 

この記事に関するお問い合わせ先

環境安全部 資源リサイクル課(本庁舎2階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-62-1934
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年10月09日