保育料の寡婦(寡夫)控除のみなし適用

加須市では平成30年9月から、婚姻歴のないひとり親家庭への経済的な負担軽減の観点から、保育料算定において寡婦(寡夫)控除の「みなし適用」を実施します。
適用を受けるには申請が必要です。申請方法などの詳細は、保育幼稚園課へお問い合わせください。

対象者

税法上の「寡婦(寡夫)控除」が適用されない、婚姻歴のない(未婚)ひとり親家庭で子どもを扶養している方。

(生活保護受給世帯、市民税非課税世帯は保育料無料のため対象外です。)

対象事業

保育所(園)、認定こども園、幼稚園など(子ども・子育て支援新制度に移行した施設に限る)の保育料

控除内容

保育料ついて、基準となる市民税の計算に寡婦(寡夫)控除を適用して算定します。

注意1:寡婦(寡夫)控除の「みなし適用」は、保育料の算定のみに適用するものであり、所得税や住民税などの税法上の適用をうけるものではありません。
注意2:「みなし適用」後も保育料が変わらない場合があります。

申請方法

該当される方で、みなし適用を希望する場合は、保育幼稚園課までお問い合わせください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

こども局 こども保育課(本庁舎5階)

〒 347-8501
埼玉県加須市三俣二丁目1番地1
電話番号:0480-62-1111(代表) ファックス番号:0480-61-3471

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年09月01日