PCR検査を受けた方への助成制度スタート

新型コロナウイルス感染症について、早期発見により感染拡大を防止するため、PCR検査等に付帯するCT検査、エックス線検査、又は血液検査の費用を市が助成します。

 

対象者

次のすべての条件を満たす方

  1. 加須市民(住民登録がある方)
  2. 医師の指示によりPCR検査又は抗原検査を受けた方で、同時(同日・同一医療機関)CT検査、エックス線検査又は血液検査を受けた方
  3. 令和2年5月14日以降に検査を受けた方

 

助成金額

CT検査、エックス線検査又は血液検査費の自己負担分

(上限5,000円、年度内1回の助成)

 

必要なもの

  1. CT検査、エックス線検査又は血液検査を受けたことが分かる、医療機関が発行した診療明細書(原本又は写し)
  2. 医療機関が発行した領収書(原本又は写し)
  3. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード※通知カードを除く)のいずれか
  4. 申請者名義の振込先の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳、又はキャッシュカード)
  5. 印鑑

※代理人が来所する場合、事前にお問い合わせください。代理人によって、必要な書類が異なります。

 

申請方法

申請書を記入し、上記必要なものを持参の上、加須保健センター窓口へ提出

(申請書は加須保健センター窓口で配布する用紙又は下記よりダウンロードできる様式をご利用ください。)

 

申請期限

令和3年1月30日までに検査を受けた方は、令和3年3月31日まで(一律)

令和3年1月31日以降に検査を受けた方は、検査日の翌日を1日目として60日以内

 

申請先

健康づくり推進課(加須保健センター)

 

受付時間

平日(月曜日から金曜日)午前8時30分から午後5時15分まで

※土、日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)を除く

 

よくある質問

Q1 この助成制度は、どのような趣旨ですか。

A1 新型コロナウイルス感染症を疑う症状があり、保健所又は医師の指示により受けたPCR検査(抗原検査含む)については、全額公費負担となり、自己負担はありません。
しかし、付帯して実施するCT検査、エックス線検査、血液検査については、健康保険による自己負担(1割~3割)が発生することから、検査を受けやすくするため、付帯検査費について5千円を上限に、自己負担相当額を市独自で助成することとしたものです。

Q2 「PCR検査、または抗原検査に付帯するCT検査等」とありますが、「付帯する」とはどのような意味ですか。

A2 新型コロナウイルス感染症かどうかを検査する目的で、同日に、同一医療機関で受けた CT検査、エックス線検査、血液検査が助成対象です。

Q3 勤務先で陽性者が確認されました。保健所からはPCR検査を受けるよう指示もなく、症状もないのですが、不安なので、PCR検査を受けようと思っています。この検査に付帯するCT等検査費は助成対象になりますか。

A3 新型コロナウイルス感染症を疑う症状がなく、保健所又は医師の指示もないことから、助成対象ではありません。なお、発熱、咳などの症状がない場合、「心配だから」「不安だから」という理由で自発的に受けたPCR等検査については、公費助成はありません。

Q4 (新型コロナウイルス感染症以外の病気の治療のため)入院することになりましたが、医療機関から院内感染予防を理由に、入院前にPCR検査とCT検査を受けるよう言われました。この場合のCT検査費は、助成対象になりますか。

A4 発熱、咳など新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある場合の検査に限り、助成対象になります。ご質問の事例の場合、助成対象ではありません。

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課(加須保健センター)

〒 347-0061
埼玉県加須市諏訪1丁目3番地6
電話番号:0480-62-1311 ファックス番号:0480-62-1158
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年10月01日