乳がん検診を受けましょう

かぞ健康マイレージ対象事業

対象者

40歳以上の偶数年齢の女性(平成31年3月31日現在)

検診内容

問診、乳房X線検査(マンモグラフィ)
※平成29年度より、国の指針に基づき視触診はありません。

日程・会場・申込み等

1.個別検診
   平成30年5月11日(金曜日)~平成31年3月22日(金曜日)の指定日に加須市医療診断センターで実施
   ※検査日時の詳細については関連ファイル「平成30年度加須市けんしんパスポート(PDF:5.2MB)」4ページをご覧ください。
2.集団検診
   各保健センターで実施
   ※詳細は関連リンク「集団乳がん・子宮頸がん検診のご案内」、「集団がん検診・特定健康診査のご案内」をご覧ください。

自己負担

1,000円(約7,700円を市が助成)
※市民税非課税世帯、生活保護受給者及び中国残留邦人等の支援を受けている方は、乳がん検診の自己負担金が免除になります。
   市民税非課税世帯の方は、課税状況確認のため受診日の1か月前までに加須保健センター又は各総合支所市民福祉健康課へ申請してください。

持ち物

平成30年度乳がん検診受診助成券(加須市けんしんパスポートを4月郵送済)、健康手帳
該当者のみ:乳がん検診費用徴収免除決定通知書、生活保護受給者証、中国残留邦人等の本人確認証

※受診券の再発行を希望される方は、加須保健センター又は各総合支所市民福祉健康課へ本人確認書類(免許証や保険証など)を持ってお越しください。なお、受診者本人と同一世帯の者以外の方が申請する場合は委任状が必要です。また、申請者の本人確認書類もあわせてお持ちください。委任状(PDF:117KB)は関連ファイルをご活用ください。
※健康手帳は、加須保健センター又は各総合支所市民福祉健康課で交付しています。 

がん検診共通の注意事項

・職場等で同内容の検診がある方や検診日において加須市に住民票がない方は受けられません。
・すでに治療中又は経過観察中の方や自覚症状のある方は、検診の対象とはなりません。
・妊娠されている方や妊娠の可能性のある方、自力で検査を受けることが難しい方はご遠慮ください。
・受診者の検診結果等の個人情報は市で管理しています。

乳がん検診の注意事項

・月経周期による乳腺の変化に影響されますので、生理のある方は生理終了後1週間頃が最適です。
・授乳中、卒乳後6か月以内、豊胸手術歴がある、乳房の手術後1年以内や針生検直後、胸壁に人工物(ペースメーカーやIVHポート、IVシャントなど)が入っている方は受診できません。詳しくは加須保健センターへお問い合わせください。

乳がんの自己検診について

・自己触診法によって乳がんを見つけることができます。日頃から自分の乳房に関心を持ち、月1度の自己検診でしこり、乳首の陥没、皮膚のくぼみなどがないかチェックしましょう。自己触診法については関連ファイル「乳がんの自己検診法(JPEG:66.1KB)」をご覧ください。
・自己検診のタイミングは、生理が終わって1週間以内が乳房に張りや痛みが少なく最適です。また、閉経後の方は毎月自分で日を決めて定期的に行います。
・少しでも異常を感じたらすぐに専門医のいる乳腺外科を受診しましょう。

関連ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課(加須保健センター)

〒 347-0061
埼玉県加須市諏訪1丁目3番地6
電話番号:0480-62-1311 ファックス番号:0480-62-1158
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年03月07日