インフルエンザにご注意を!

みんなで予防!インフルエンザ!!

例年より早く、関東地域でインフルエンザの罹患者が発生しています。

インフルエンザ予防のポイントを参考に感染予防に努めましょう。

【インフルエンザの予防のポイント】

咳エチケットの励行

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染です。

この飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。

咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと、咳やくしゃみ を受け止めた時はすぐに手を洗

うこと等、普段から咳エチケットを守ることを心がけましょう。

外出後の手洗い等

流水・石けんによる手洗いは、手指など体についたインフルエンザウィルスを取り除くため

に有効な方法です。

 アルコール消毒液も有効です。

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

特に乾燥しやすい室内では 、加湿器などを使用し、適切な湿度を保つことが必要です。

十分な休養とバランスのとれた食事

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた食事を日頃から心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行している時期は、高齢者や基礎疾患のある方、妊婦、疲労気味・睡眠

不足の方は人混みや繁華街への外出を控えましょう。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザにかからないために、また、かかっても重症にならないために予防接種をお勧

めします。

 

インフルエンザに感染したら

1.早めに医療機関を受診しましょう。

2.安静にして休養をとりましょう。特に十分に睡眠をとることが必要です。

3.水分を十分に補給しましょう。

4.咳やくしゃみの症状がある時は、ほかの人にうつさないようにマスクをつけましょう(咳エチ

ケットの励行)。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課(加須保健センター)

〒 347-0061
埼玉県加須市諏訪1丁目3番地6
電話番号:0480-62-1311 ファックス番号:0480-62-1158
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月06日