「蚊」を介する感染症の予防対策

海外の感染症流行地域へ渡航する場合には万全な対策を!

これから蚊が発生する季節を迎えます。蚊に刺されることで、マラリアなどさまざまな感染症にかかる恐れがあります。蚊が媒介する感染症にかからないためには、「感染症の流行地域で蚊にさされない」、「住まいの周囲に蚊を増やさない」対策をすることが重要です。

海外の感染症流行地域では、蚊に刺されないようにしましょう

  • 渡航前には現地での流行状況を把握しましょう。
  • 蚊を媒介とする感染症の流行地域へ渡航される場合には、蚊に刺されないように万全な対策をしましょう。
  • 屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊にさされない対策をしましょう。

住まいの周囲に、蚊を増やさないようにしましょう

  • 蚊は、植木鉢の受け皿など、小さな水たまりで発生するので、日頃から住まいの周囲の水たまりを無くすように心がけましょう。

※ 蚊の活動は概ね10月下旬頃で終息します。これらの対策は10月下旬頃までを目安に行いましょう。

 

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課(加須保健センター)

〒 347-0061
埼玉県加須市諏訪1丁目3番地6
電話番号:0480-62-1311 ファックス番号:0480-62-1158
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月10日