表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民健康保険の給付 > 入院時食事療養費

入院時食事療養費

更新日:2016年03月31日

入院中の食事代(入院時食事療養費)は、国民健康保険が費用の一部を負担しています。

 入院時食事療養費は1食あたりの負担となります。
 住民税非課税世帯の方は「標準負担額減額認定証」を医療機関に掲示することにより、入院時の食事代が、減額されます。(下表参照)
 認定証の交付には申請が必要ですので、保険証・印鑑を持参して、申請してください。
 受付は、本庁・各総合支所です。
 なお、この入院時食事療養費は、高額療養費の対象とはなりません。

表 入院時食事療養費の負担額(1食あたり)

自己負担区分 負担額 
一般  360円
住民税非課税世帯または低所得2(注1)  90日までの入院 

210円

90日を超える入院(過去1年)  160円 
低所得1(注2)  100円 

 ※一般の区分に係る入院時食事療養費の負担額は平成28年4月1日から360円になります。ただし、指定難病の患者又は小児慢性特定疾病の患者の負担額はこれまでどおり260円に据え置かれます。

(注1)低所得2とは、同一世帯の世帯主・国民健康保険加入者が住民税非課税の場合で、70歳以上の方が対象となります。

(注2)低所得1とは、同一世帯の世帯主・国民健康保険加入者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる場合で、70歳以上の方が対象となります。

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。