表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民年金 > 第1号被保険者の独自給付

第1号被保険者の独自給付

更新日:2015年10月07日

死亡一時金
 
受給要件
  死亡月の前月までの第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)期間について、次の(1)~(4)を合算した月数が36月以上である方が、
 老齢基礎年金または障害基礎年金のいずれも受けないで死亡し、遺族も遺族基礎年金を受けられないときに、その遺族(配偶者、子、父母、
 孫、祖父母、兄弟姉妹の順に先順位)であって死亡したときに生計を同一にしていた人に支給されます。ただし、寡婦年金を受給する場合は
 支給されません。
 (1)保険料納付済期間の月数
 (2)保険料1/4免除期間の4分の3に相当する月数
 (3)保険料半額免除期間の2分の1に相当する月数
 (4)保険料3/4免除期間の4分の1に相当する月数

支給額
  保険料を納めた期間に応じて、次のとおり決まっています。なお、付加保険料を3年以上納付している場合には、8,500円が加算されます。

(保険料納付期間)(金額)
   36か月以上  180か月未満 120,000円
 180か月以上  240か月未満 145,000円
 240か月以上  300か月未満 170,000円
 300か月以上  360か月未満 220,000円
 360か月以上  420か月未満 270,000円
 420か月以上    320,000円

手続き 
  国保年金課・国保年金担当窓口で受け付けます。年金手帳(死亡者)、戸籍謄本(年金用一部記載事項証明)、住民票、預金通帳、印鑑などが
 必要です。


寡婦年金
 
受給要件
  第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)として保険料を納めた期間(保険料を免除された期間を含む)が25年以上ある夫(婚姻期間が
 10年以上)が、年金を受けずに死亡したとき、夫に生計を維持されていた妻に60歳から65歳になるまで支給されます。 

  ※ 夫が障害基礎年金の受給権者であったり、老齢基礎年金を受けていた場合は支給されません。

年金額 
  夫が受けるはずであった老齢基礎年金額の4分の3

請求手続 
  国保年金課・国保年金担当窓口で受け付けます。夫の年金手帳、戸籍謄本(年金用一部記載事項証明)、住民票、預金通帳、印鑑などが必要
 です。

 

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。