表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税の軽減

国民健康保険税の軽減

更新日:2017年03月24日

国民健康保険税の軽減の基準

 国民健康保険税が計算される際、前年所得(1月から12月)が一定額以下の世帯について、均等割額・平等割額について軽減が適用されます。 その際、国民健康保険に加入していない世帯主(擬制世帯主)の所得も算定基準額に含まれます(税額は加算されません)。 また、所得要件を満たしていることに加え、国民健康保険に加入されている方全員(15歳以下を除く)の申告が必要となります。
 世帯内で後期高齢者医療制度へ加入された方がいるときには、下記の関連リンクをご覧ください。

 前年の世帯の総所得金額等

軽減割合

 33万円以下

 7割

 33万円+(27万円×被保険者と特定同一世帯所属者(*)の合計人数)以下

 5割

 33万円+(49万円×被保険者と特定同一世帯所属者(*)の合計人数)以下

 2割

*特定同一世帯所属者とは、同じ世帯に属しながら、 国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した方のことです。

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。