表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民年金 > 年金よくある質問 Q&A

年金よくある質問 Q&A

更新日:2017年04月27日

 

質問

「ねんきん定期便」が送られてきたのですが。

回答

日本年金機構では、年金の納付実績などを年に一度ご確認いただくため、国民年金または厚生年金の現役加入者を対象に、毎年誕生月に「ねんきん定期便」を送付しています。
「ねんきん定期便」の送付対象でない方についても、お申込みにより年金加入記録のお知らせを送付しています。(詳しくは下記関連リンク先「ねんきん定期便について」をご覧ください。)



質問

年金記録の「もれ」や「誤り」を訂正したいのですが。

回答

年金記録が間違っていると思われる方は厚生労働省に年金記録の訂正請求をすることができます。 (詳しくは下記関連リンク先「年金記録の訂正請求手続き」をご覧ください。)



質問

受給資格期間(平成29年7月末までは25年、平成29年8月1日からは10年)の納付をしたので、国民年金の保険料を納めるのをやめたいのですが。

回答

国民年金は20歳から60歳まで加入し保険料を納めることになっています。
老齢基礎年金は、保険料を納めた期間などの受給資格期間が25年以上(平成29年8月1日からは10年)ある人が65歳から受けられる年金です。
40年(老齢基礎年金満額)納めたときと比べると、25年の場合は6割程度(10年だと2割程度)しか受けられず、納めていない期間に万一のことがあった場合、障害基礎年金や遺族基礎年金を受けられないこともあります。
生涯受ける年金ですから、60歳まできちんと納めることが自分の老後を保障することになります。※平成29年度 年金額(満額)=年額779,300円


 

質問

年金証書を紛失しました。再発行できますか。

回答

年金証書を汚したりなくしたりしたときは「年金証書再交付申請書」を年金事務所に提出し、年金証書の再交付を受けることができます。
再交付申請書は市役所国保年金課 各総合支所市民福祉健康課にも用意してあります。



質問

年金手帳を紛失しました。再発行はできますか。   

回答

年金手帳を汚したりなくしたりしたときは、年金手帳の再交付を受けることができます。        
※加入されている年金により手続先は以下のとおりとなります。
・ 国民年金第1号被保険者又は任意加入被保険者の場合  
  → 市役所国保年金課 各総合支所市民福祉健康課へ
・ 厚生年金保険加入者又は船員保険の被保険者の場合 
  → 勤務する事業所へ 
・ 国民年金第3号被保険者の場合 
  → 配偶者の勤務する事業所へ
(詳しくは下記関連リンク先「年金手帳を紛失した場合について」をご覧ください。)   



質問

年金の振込先金融機関を変更したいのですが。

回答

「年金受給権者住所・支払機関変更届」(ハガキ)を年金事務所へ提出してください。
支払機関変更届は、年金事務所のほか市役所国保年金課、各総合支所市民福祉健康課にも備え付けています。

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

お問い合わせ先

熊谷年金事務所
電話:048-522-5012

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。