表示色
文字サイズ

トップページ > 各課一覧 > こども局)子育て支援課 > お知らせ > 未熟児養育医療給付制度

未熟児養育医療給付制度

更新日:2017年08月09日

未熟児養育医療給付制度とは

  体の発達が未熟な状態で生まれ、入院治療を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費を市が負担する制度です。

 養育医療の給付を受けることができるのは、全国の指定医療機関に限られます。→埼玉県内の指定養育医療機関はこちら(埼玉県ホームページへのリンク

 また、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じます。

対象者

 次の項目すべてに該当するお子さんが対象となります。

  1.出生時の体重が2,000グラム以下あるいは体の発達が未熟な状態で生まれた乳児で、医師が入院療育を必要と認めた場合

  2.満1歳未満であること

  3.加須市内に住所を有すること

給付の内容

 指定養育医療機関で行う入院治療のうち、次のものが対象となります。(通院治療は対象となりません。)

  • 診察
  • 薬剤又は治療材料の支給
  • 医学的処置、手術その他の治療
  • 病院または診療所への入院
  • 移送

 ※未熟児の治療以外の治療費や、差額ベッド代などの保険対象外の費用は養育医療の対象となりません

申請手続 

 出生後2週間以内に、子育て支援課または各総合支所福祉課の窓口へ必要書類を提出してください。

 <必要書類>

養育医療券

  申請が承認されると「養育医療券」が交付されます。自宅へ郵送しますが、交付までに1~2週間かかります。「養育医療券」が届いたら、医療機関に提示してください。

 <養育医療券の有効期間>

  「養育医療券」には、医師の記載した「養育医療意見書」に準じた有効期間が記載されます。(最長で満1歳の誕生日の前々日)
 
 なお、養育医療は入院療育が対象ですので、退院後の通院や再入院は対象外となります。

自己負担額

 世帯の所得税額などに応じて自己負担額が生じますが、養育医療申請時に「委任状兼同意書」を提出した場合は、自己負担金の全部または一部について「子育て支援医療費(又はひとり親家庭等医療費)」を充てることができます。
 

その他の手続き

 以下の場合、手続きが必要となります。詳しくは子育て支援課へお問い合わせください。

  • 治療期間がのびる場合
  • 医療機関を変更する場合
  • 住所や保険証が変わった場合
  • 世帯の構成や所得税が変わった場合
  • 医療券をなくした場合



 

お問い合わせ先

こども局 子育て支援課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kosodate@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。