表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 福祉・介護 > 障害福祉 > 身体障害者手帳

身体障害者手帳

更新日:2017年09月12日

平成27年10月から、障害者手帳の規格・表記・色が変わります。

 1.規格 11.4cm×7.5cm(現在の身体障害者手帳の大きさ)
 2.表記 障害者手帳 埼玉県
 3.色  紺(文字は金色)

 彩の国 埼玉県のサイトにも記載されていますので、ご参照ください。
 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/toitu/20151001.html

身体障害者手帳について

【内容】
 身体の障害について、身体障害者福祉法で定める障害程度に該当すると認められた方が、各種の援護を受けるために必要な手帳です。障害の程度によって1級から6級(数字が小さい級が重度)までに区分されます。

【対象者】
 視覚、聴覚、平衡機能・音声・言語・そしゃく機能、肢体(上肢・下肢・体幹・脳原性運動機能)、心臓機能、腎臓機能、肝臓機能、呼吸器機能、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能に永続する障害のある方。

【診断書の作成できる病院等】
 加須市内の身体障害者福祉法第15条の指定医のいる医療機関

 ※市外・県外の指定医については、加須市役所障がい者福祉課または各総合支所にお問い合わせください。

申請の手続き

■新規申請・障害の程度が変わったとき
必要なもの

  1. 身体障害者診断書(用紙は、加須市役所障がい者福祉課・各総合支所福祉課に用意してあります)
  2. 印鑑
  3. 写真2枚(縦4cm×横3cm、上半身脱帽1年以内に撮影したもの)
  4. 個人番号のわかるもの(個人番号カード・通知カード等)
  5. 身元確認ができるもの(運転免許証・パスポート・障害者手帳等の顔写真付きのものなら1つ。健康保険証・年金手帳・児童扶養手当証書等の顔写真なしのものなら2つ。)
  6. 手帳取得者本人以外が提出する場合、本人の保険証等と、提出する方の身元確認ができるもの(上記参照)も必要です。

■紛失・破損したとき
必要なもの

  1. 印鑑
  2. 写真1枚(縦4cm×横3cm、上半身脱帽1年以内に撮影したもの) 
  3. 個人番号のわかるもの(個人番号カード・通知カード等)
  4. 身体障害者手帳(破損)
  5. 身元確認ができるもの(運転免許証・パスポート・障害者手帳等の顔写真付きのものなら1つ。健康保険証・年金手帳・児童扶養手当証書等の顔写真なしのものなら2つ。)
  6. 手帳取得者本人以外が提出する場合、本人の保険証等と、提出する方の身元確認ができるもの(上記参照)も必要です。


■住所または氏名が変わったとき、死亡等で手帳が必要としなくなったとき
必要なもの

  1. 身体障害者手帳
  2. 印鑑
  3. 写真1枚(縦4cm×横3cm、上半身脱帽1年以内に撮影したもの)       ※写真は、氏名が変わったときのみ必要
  4. 重度心身障害者医療受給者証等
  5. 個人番号のわかるもの(個人番号カード・通知カード等)
  6. 身元確認ができるもの(運転免許証・パスポート・障害者手帳等の顔写真付きのものなら1つ。健康保険証・年金手帳・児童扶養手当証書等の顔写真なしのものなら2つ。)
  7. 手帳取得者本人以外が提出する場合、本人の保険証等と、提出する方の身元確認ができるもの(上記参照)も必要です。

お問い合わせ先

福祉部 障がい者福祉課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shogaisha@city.kazo.lg.jp

相談窓口

本庁舎     障がい者福祉課  〒347-8501 加須市三俣二丁目1番地1   Tel0480-62-1111
騎西総合支所  市民福祉健康課  〒347-0192 加須市騎西36番地1     Tel0480-73-1111
北川辺総合支所 市民福祉健康課  〒349-1292 加須市麦倉1481番地1   Tel0280-61-1204
大利根総合支所 市民福祉健康課  〒349-1193 加須市北下新井1679番地1 Tel0480-72-1317

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。