表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 福祉・介護 > 社会福祉 > 生活保護

生活保護

更新日:2012年11月23日

生活保護のあらまし

1 生活保護とは

 私たちの一生には、思いがけない病気や事故などによって、自分の力だけではどうしても生活できなくなってしまうことがあります。
 生活保護とは、生活に困っている方が、精一杯の努力をしてもなお生活していけない時に、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、一日も早く自分自身の力で生活できるように援助する制度です。(※)

※保護を受ける前に御自身で次のことに努めてください。
 (1)家族の中で働ける能力がある方は、その能力に応じて働いてください。
 (2)今、自身の財産で利用できるものは、生活のために利用してください。
  (例:預貯金、証券、貴金属、自動車、場合によっては生命保険、不動産など)
 (3)ほかの法律や制度で受けられるものは、その給付を受ける手続きをしてください。
 (4)親子、兄弟、姉妹などの援助を受けられるときは、まず、その援助を受けてください。

 このうえで、世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費(年齢・人数・健康状態・住んでいる地域等によって違います)を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に保護が適用されます。
最低生活費-1
2 生活保護の種類

 生活保護には次の8種類の扶助があり、国の定める基準によって支給されます。
 (1)生活扶助  食べるもの、着るもの、電気やガス、水道などの日常の暮らしのための費用
 (2)住宅扶助  家賃や地代、住宅の補修などの費用
 (3)教育扶助  学用品、教材費、給食費、学級費などの義務教育を受けるための費用
 (4)介護扶助  居宅、施設、介護を受けるための費用
 (5)医療扶助  病気やけがの治療のため、医者にかかる費用
 (6)出産扶助  お産をするための費用
 (7)生業扶助  仕事に就くための費用、技能や技術を身につけるための費用、高校就学費用の一部
 (8)葬祭扶助  葬儀のための費用

3 相談・申請 
 加須市福祉事務所社会福祉課では、生活に困っている人の相談を受け付けています。また、保護を受けるには申請が必要です。
 なお、申請は、本人もしくは同居の親族、親兄弟などの扶養義務者ができます。

4 調査
 申請後、地区担当員(ケースワーカー)が、保護が必要かどうかを判断するために、保護を受けようとする人の家庭や必要な場合には病(医)院などを訪問し、調査します。
 また、資産、扶養義務者による扶養(援助)の可否、就労の可能性等の調査を実施します。

お問い合わせ先

福祉部 社会福祉課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:shakai@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。