表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 環境・衛生 > ごみ > 焼却灰等の放射性物質の検査結果について

焼却灰等の放射性物質の検査結果について

更新日:2016年02月10日

 環境省から、一般廃棄物焼却施設における、焼却灰(主灰)、飛灰等の放射性セシウムの濃度測定要請を受け、実施しました。(測定結果は、下記のファイルを参照)
 なお、焼却灰(主灰)を年2回測定し、集じん装置により捕集される飛灰は、焼却灰(主灰)よりも放射性セシウムが濃縮されやすいことから、月1回測定しています。
 測定は、専門検査機関に依頼し、実施しております。

※焼却灰及び飛灰の取扱い
・セシウム合計が8,000ベクレル以下は、通常の処分
・セシウム合計が8,000ベクレル以上、100,000ベクレル以下は、一時保管
・セシウム合計が100,000ベクレル以上は、適切に放射線を遮へいできる施設で保管 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

加須クリーンセンター
〒347-0043 加須市馬内1790
TEL:0480-61-3671
e-mail:recycle@city.kazo.lg.jp

大利根クリーンセンター
349-1147 加須市北大桑1870
TEL:0480-72-4692
e-mail:recycle@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。