表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 環境・衛生 > ごみ > 資源ごみ等の持ち去り行為の禁止について

資源ごみ等の持ち去り行為の禁止について

更新日:2015年09月02日

 市民の皆さんが集積所に排出した新聞紙、雑誌、アルミ缶などを、市の委託業者が収集する前にトラックなどで持ち去る行為(以下「持ち去り行為」といいます)の目撃情報が多数寄せられております。
 加須市では、「加須市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」により資源ごみを含む一般廃棄物の持ち去り行為を禁止しています。
 持ち去り行為を行う者に対しては、刑罰(窃盗罪)が適用されます。

○市民の皆様へのお願い
 持ち去り行為を見かけた場合は、加須警察署(110番)へ
場所、時間、人物、車のナンバーなど状況を通報くださいますようお願いします。

○市の委託業者と、持ち去り行為をしている車の見分け方
 市の委託業者の収集車は、午前8時30分前には収集は行っておりません。
 市の委託業者の収集車には、加須市委託車両「収集中」のステッカーを表示しております。

お問い合わせ先

環境安全部 資源リサイクル課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:recycle@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。