表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 環境・衛生 > 環境保全 > アイドリングストップ

アイドリングストップ

更新日:2014年12月24日

アイドリング・ストップの実施が埼玉県生活環境保全条例により義務づけられています。

■運転者の義務
 駐車時や停車時のアイドリング・ストップの実施が義務づけられています。
<例外>
 1 信号待ちなど道路交通法の規定による停止
 2 交通混雑などの交通の状況による停止
 3 人を乗せるか降ろすための停車
 4 貨物自動車の冷蔵装置などの動力としてエンジンを使用
 5 緊急自動車が緊急用務のために使用
 6 そのほかやむを得ないと認められる場合(急病人に対する措置など)

■事業主の義務
 使用している運転者を対象にしたアイドリング・ストップの研修、必要に応じて休憩所を設置するなど、適切な措置を講じることが義務付けられています。

■駐車場利用者への周知義務 
 収容台数20台以上または面積500平方メートル以上の駐車場の設置者と管理者は、看板などでアイドリング・ストップを利用者に周知することを義務付けていますので、駐車場の設置者および管理者の方は利用者への周知をお願いします。

お問い合わせ先

環境安全部 環境政策課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kankyo@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。