表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 市税 > 市民税 > 公的年金に係る住民税の特別徴収制度

公的年金に係る住民税の特別徴収制度

更新日:2017年02月06日

 公的年金を受給されている65歳以上の方で、公的年金に係る住民税(市民税・県民税)を納付する義務がある方については、公的年金から特別徴収(年金からの引き落とし)となります(平成21年度から)。

●対象者

・年18万円以上の公的年金等の支払いを受けている方
・対象年度の4月1日において65歳を超えている方
・介護保険料が年金から天引きされている方

○下記の条件に当てはまる方は対象とはなりません
・市民税・県民税が非課税または公的年金等に係る所得に対する税額が生じない方
・該当年度の特別徴収税額が介護保険料・国民健康保険税(または後期高齢者医療保険料)を差し引いた額よりも小さい方
・対象年度の属する年の1月1日以降、転出等の理由で市内に住所がない方
・国民年金法に基づく老齢基礎年金の受け取りをしていない方

■「年金からの特別徴収簡易判定表」はこちら


●特別徴収される税額

 国民年金、厚生年金、共済年金、企業年金、退職年金などを含む全ての公的年金等の合計所得に係る住民税が、公的年金(老齢基礎年金または老齢年金、退職年金等)から特別徴収されます。

 公的年金等以外の収入(給与所得・事業所得・農業所得など)に対する税額は、公的年金から特別徴収されません。


●特別徴収の時期

○初年度
 その年に新たに特別徴収が開始される方は、10月支給分の年金から開始されます。
 そのため、税額の半分は、6月および8月に普通徴収の方法により納めていただきます。
 

前年の1月1日から12月31日までの公的年金等所得に対して発生した住民税 

 6月

8月 

10月 

12月 

2月 

 年金分に係る税額の
4分の1
年金分に係る税額の
4分の1 
年金分に係る税額の
6分の1 
年金分に係る税額の
6分の1 
年金分に係る税額の
6分の1 

普通徴収(個人納付) 

特別徴収(年金からの引き落とし) 


○次年度以降は
 4月・6月・8月の3回、前年度の2月と同じ額を仮算定額として特別徴収させていただきます。
 10月に前年の所得に対する年税額を決定し、4月・6月・8月の特別徴収分を差し引いた額を10月・12月・2月の3回に分けて特別徴収させて
   いただきます。

前年の1月1日から12月31日までの公的年金等所得に対して発生した住民税 

4月 

6月 

8月 

10月 

 12月

2月 

前年度の年金分に係る税額の半額の3分の1の額 前年度の年金分に係る税額の半額の3分の1の額  前年度の年金分に係る税額の半額の3分の1の額 年税額から4・6・8月に特別徴収された額を差し引いた額の3分の1  年税額から4・6・8月に特別徴収された額を差し引いた額の3分の1   年税額から4・6・8月に特別徴収された額を差し引いた額の3分の1  

特別徴収(仮徴収・年金からの引き落とし)

特別徴収(本徴収・年金からの引き落とし) 

 給与所得、年金所得、その他の所得など、全ての所得合計に基づき年税額を決定し、それを所得ごとに(1)給与分は給与からの特別徴収、
 (2)年金分は年金からの特別徴収、(3)その他の所得は普通徴収の方法により納めていただくことになります。
 年金からの特別徴収となっても、お支払いただく税額が増えることはありません。

お問い合わせ先

総務部 税務課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:zeimu@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。