表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 市税 > 固定資産税 > 相続に伴う相続人代表者指定届の提出

相続に伴う相続人代表者指定届の提出

更新日:2016年12月25日

相続人代表者指定届とは

 固定資産(土地、家屋)を所有されている方が亡くなられた場合、被相続人(亡くなられた方)の市税等納税通知書の送付にあたり、被相続人に係る徴収金の賦課徴収及び還付に関する書類を受領していただく代表者を、相続人の中から選出し、本庁(税務課資産税担当窓口)または総合支所(市民税務課市民税務担当窓口)へ申告をお願いします。あくまでも相続人の代表者であり、最終的に決定される相続人と同一人である必要はありません。
 なお、この届を提出された後、12月末日までに相続登記を行った場合は登記が優先されます。

※この届出は登記とは関係ありませんので、所有権移転をされる方は別途相続の登記手続きをおこなう必要があります。

◎被相続人(亡くなられた方)が口座振替を利用されていた場合は、口座の利用が出来なくなりますので、引き続き口座振替を希望される方は、新たに手続きをお願いします。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

総務部 税務課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:zeimu@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。