表示色
文字サイズ

トップページ > 観光・イベント > 名産・文化 > 北川辺地域指定文化財一覧 > 万葉遺跡

万葉遺跡

更新日:2012年11月22日

施設概要

住所加須市向古河
万葉遺跡「万葉集」は8世紀末の和歌集ですが、その巻14に「まくらがの古河」のうたが三首収載されています。

(第三四四九)
 白たへの衣の袖をまくらがよ
   海人こぎく見ゆ波立つなゆめ
(白妙の衣の袖をまくらにするという、そのマクラガから、海人のこいで来るのが見える。波よ立つなよ。)

(第三五五五)
 まくらがの古河の渡りのから梶の
   音高しもな寝なへ子ゆゑに
(未だ何びとのかかわりもない女性なのに、ウワサばかりが高くなってこまる。)


(第三五五八)
 会はずして行かば惜しけむまくらがの
   古河こぐ船に君も会はぬかも
(あわないで行くのは残念であろう。まくらがの古河をこぐ船ででも、君に会いたいものである。)

 これらのうたの中で、古河は許我と書かれており、二首はその上に麻久良我乃としてあります。許我は「滸找」であって、「水辺に船をすすめる」という意味であり、まくらがのは「どの国にも属していない地域」を指しています。(郷土史家の鎗水柏翠氏による)
 古代には今の東京湾が谷中まで入ってきていて、そこに思川・巴波川・渡良瀬川等の川が流れ込み、武蔵国から下総国や、下野国に渡るのには船によるほかはなかったのです。
 そういう古代の地理的条件や国々の配置をみることによって、この歌の意味を正しくつかむことができます。

万葉遺跡

周辺案内地図