表示色
文字サイズ

トップページ > 観光・イベント > 名産・文化 > 北川辺地域指定文化財一覧 > 鈴木弘覚翁碑

鈴木弘覚翁碑

更新日:2017年10月04日

施設概要

住所加須市麦倉
鈴木弘覚翁碑

鈴木弘覚、名は大三郎、諱は弘覚、号を大樹と称しました。三重県三重郡菰野町に生まれ、長ずるに及んで京都に遊び、頼山陽・支峰・広瀬淡窓に学んで勤王の志士と交わり、尊皇攘夷をはかり、追われました。後に栃木県の庚申山にこもり、戒行に専念していましたが、縁あって北川辺(旧利島村内野)の薬師堂に住みました。道場を開いて青少年に手習を教え、特に養蚕を奨励し、実習地を設け、桑を栽培したり、優良な種子を配布して農事改良に一生を尽くしました。明治26年12月23日病没、享年72歳。同28年11月村民相謀って詳伝を刻んだ記念碑を建て、その遺徳を敬慕しました。書は明治の書家渡辺沙鴎です。

鈴木弘覚翁碑

周辺案内地図