表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 上水道・下水道 > 下水道 > 下水道汚泥のリサイクル

下水道汚泥のリサイクル

更新日:2014年07月30日


 加須市環境浄化センターでは、一日平均で約13,300立方メートルの汚水を処理しており、これに伴い毎日約10トンの下水道汚泥が発生しています。埋め立てて処分するという従来の対応策では、環境問題、埋め立て処分地の確保など多くの問題があります。
 そこで、加須市では、豊かな自然と快適な環境のまちづくりへの取り組みとして、汚水処理の際に発生した下水道汚泥をセメント原料及び肥料原料に100%リサイクルし、積極的に有効利用しています。

下水道汚泥リサイクルの流れ

下水道汚泥リサイクルの流れ



 建設資材

 セメントの主な原料は、石灰石、粘土、シリカ質原料、鉄原料等で構成されています。
下水道汚泥を燃やして灰にしたもの(焼却灰)は、一般的にこの粘土材料と同様の成分を含んでいるため、セメント原料の一部として利用できます。


下水道汚泥を原料とした肥料

 下水道汚泥は、植物の生育に必要な窒素、リン酸等の肥効成分を含んでいるため、肥料としてリサイクルし、有効に利用することができます。下水道汚泥を原料として発酵熟成させた有機肥料は、緑農地及びグリーンカーテン等に利用できます。

グリーンカーテンPR看板リサイクルした肥料で育つグリーンカーテン
                              リサイクルした肥料で育つグリーンカーテン
                                (加須市環境浄化センター)



お問い合わせ先

上下水道部 下水道課
住所:加須市花崎2046番地
電話:0480-65-8981
メールアドレス:gesui@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。