表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 住まい > 開発・建築 > 建築物を建てるときの手続き(建築基準法)

建築物を建てるときの手続き(建築基準法)

更新日:2015年12月01日

○建築物を建てるときは、「建築確認申請書」を提出する必要があります

 建築物を新築、増築などするときには、工事着手前に「建築確認申請書」を提出して、建築計画が建築基準法に適合しているか確認を受けなければなりません。
 「建築確認申請書」の提出先は、行政(加須市、埼玉県熊谷建築安全センター)だけではなく、民間の建築確認検査機関もあります。
 建築に関する手続きや規制などについては、下記「関連リンク」の「すまいづくりのABC」をご覧ください。

 

○建築物の規模・構造などにより、審査機関が異なります

 ・木造2階建ての住宅、鉄骨造平屋建ての事務所など………加須市建築開発課(建築指導担当)
 ・鉄骨造2階建ての住宅、木造3階建ての住宅、店舗、倉庫など………埼玉県熊谷建築安全センター
 ※その他、民間の建築確認検査機関もあります。

 ◆市では、「建築確認申請書」の手続き完了後、建築主に「今後の案内」を郵送しています。
   また、工事着工の約1ヶ月後、工事現場をパトロールして、計画どおり施工されているか確認しています。

 

○狭い道路に接している敷地に建築する(附属する門・塀なども含む)場合 

 4m未満の狭い道路に接している敷地の場合、道路後退が必要になる場合があります。
 事前に、建築開発課に確認してください。

 

○市街化調整区域に建築する場合

 「建築確認申請書」の提出前に、都市計画法などの手続きが必要になります。
 また、建築物の用途などによって、建築できない場合もあります。
 事前に、建築開発課に確認してください。

 

○建築物が完成したら、完了検査を受けましょう

 完了検査の受検は、建築主の『義務』です。

 ◆市では、工事完了予定日の約1ヶ月前に、建築主に完了検査の受検案内を郵送しています。

お問い合わせ先

建設部 建築開発課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kentiku@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。