表示色
文字サイズ

トップページ > 行政情報 > まちづくり > 都市計画道路

都市計画道路

更新日:2016年08月25日

都市計画道路とは

  都市計画道路は、将来の都市の発展を予想して都市計画法に基づき、あらかじめその位置、幅、車線数などが定められた道路で、都市の骨格となり、まちづくりに大きく関わる道路です。
  加須市の都市計画道路は、平成28年3月31日現在、道路本数46本が計画決定され、計画決定延長は約75.84kmとなっています。
  「加須市の都市計画道路一覧」については、関連リンクをご覧ください。

■道路の役割
  都市内の道路は、都市に住み、都市で活動するすべての人々が日常的に利用する都市施設であり、都市の骨格を形成し、都市の発展に大きな影響を与えています。このように道路整備は、計画的かつ総合的にまちづくりを進める上で重要な手だてとされています。
  道路の役割は、単に交通施設としての役割にとどまらず、次のような多くの役割を担っています。
   ・自動車、自転車や人、物の通行路としての機能
   ・街区の構成と都市の発展に大きく寄与する機能
   ・日照、通風、採光、緑のスペース等、生活環境上重要な空間としての機能
   ・避難場所、避難路や防火帯、消防活動の場としての都市防災機能
   ・上下水道、電気、ガス等の施設の収容空間としての機能
   ・都市景観を形成し、レクリエーションや憩いの場となる機能

 ■都市計画道路の種類・機能
  都市計画道路は、その目的・規模により、次のとおり種別されています。

 道路種類

 機能

 自動車専用道路  都市高速道路、都市間高速道路、一般自動車道等もっぱら、自動車の交通の用に供する道路
 主要幹線道路  主として、都市間交通や通過交通を対象とした広域的な交通を処理する道路
 幹線道路  都市内の自動車交通を主に対象とし、近隣住区(一小学校区のようなまとまりのある区域)を構成するとともに、都市の骨格となる道路
 補助幹線道路  幹線道路と区画道路とを連絡し、住区内交通を円滑に幹線道路に導く、いわば、住区内幹線道路
 区画道路  街区を構成する最も基本的な道路で、沿道へのサービスを目的とした道路
 特殊道路  もっぱら、歩行者や自転車等の交通のための道路や都市モノレール等の交通の用に供する道路

お問い合わせ先

建設部 まちづくり課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:machidukuri@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。