表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 医療・健康 > 大人の健康診査・がん検診 > 「蚊」や「ダニ」が媒介する感染症予防

「蚊」や「ダニ」が媒介する感染症予防

更新日:2017年08月18日

山や草むらでの野外活動での感染症に注意!!

       「蚊」・「ダニ」に咬まれないために

   蚊・ダニの活動が盛んになる春から秋にかけて、キャンプ、ハイキング、農作業などでは注意をしましょう。

  感染症およその予防策をお知らせします。

     感染症

    ・蚊が媒介するもの:日本脳炎・デング熱・ジカウィルス感染症・チクングニア熱など

      ・ダニが媒介:重症熱性血小板減少症候群( SFTS)・ダニ媒介脳炎・の本紅斑熱・ツツガムシ病・ライム病など

   ■「蚊」「ダニ」に咬まれないポイント

     蚊・ダニ対策   ・肌の露出を少なくする

              ・明るい色の服を着る

              ・虫よけ剤を使用する

     ダニ対策     ・帽子・手袋を着用し、首にタオルを巻くなど

              ・シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる

  その他にできること

    蚊の発生を抑える  ・不要な水たまりをなくす

              ・詰まった排水溝などを清掃する

    ダニに咬まれたとき ・無理に引き抜こうとせず、皮膚科などの医療機関で(ダニの除去、洗浄など)をしてもらいましょう。

              ・ダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱などの症状が認められた場合は医療機関で

               受診しましょう。 [受診時に医師に伝えること] 1.野外活動の日時 2.場所 3.発症前の行動

 

                                            *詳しくは関連リンクもご参照ください。

              

お問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課
住所:加須市諏訪1丁目3番6号
電話:0480-62-1311
メールアドレス:kenkou@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。