表示色
文字サイズ

トップページ > こんなときには > 妊娠・出産 > 不妊検査費助成事業のご案内

不妊検査費助成事業のご案内

更新日:2017年04月26日

 加須市では、不妊検査を受けた方を対象に、その検査費に対し、一部助成(上限2万円)をします。助成回数は、夫婦1組につき1回を限度とします。


1 対象となる方

 次の全ての項目に該当する方が対象です。
(1)夫婦(婚姻の届出を行ったものに限る。以下同じ。)の一方又は双方が市内に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定による住民基本台帳に記録されていること。

(2)夫婦ともに、市税及び国民健康保険税を滞納していないこと。

(3)検査開始時に妻の年齢が43歳未満であること。

 

2 対象検査

 指定医療機関で夫婦共に受けた検査であり、検査開始日がどちらか早い方の日から、検査終了日がどちらか遅い方の日までの期間が6か月以内のものが対象となります。ただし、検査終了日が平成29年4月1日以降の検査が対象となります。指定医療機関と連携する泌尿器科医が行う検査も助成の対象となります。※不妊治療の一環として受ける不妊検査は対象となりません。



3 助成対象経費

 助成対象経費は、不妊検査に要した費用のうち、自己負担額(医療保険の適用があった場合は医療保険による給付を除く。)とします。

 

4 助成内容

 (1)夫婦1組につき1回を限度とします。

 (2)助成金の額は、助成対象経費(1,000円未満は切り捨て)とし、2万円を上限とします。

 

5 申請手続き

 (1)申請期限
  申請期限は、不妊検査終了日から当該年度の年度末までとなります。ただし、不妊検査終了日が2月1日から3月31日までの場合は、翌年度の5月31日まで申請することができます。

 (2)提出書類
  ア 早期不妊検査費助成金支給申請書(申請書には認印が必要です)

  イ 早期不妊検査費助成事業に係る実施証明書

  ウ 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(夫婦で住所地が異なる場合)

  エ 不妊検査費の領収書の原本とその写し                          

  オ 助成金の振込を希望する銀行口座の通帳等のカナ氏名・口座番号が分かる部分の写し

    カ その他市長が必要と認める書類(必要に応じて転入前市区町村の課税証明書等の提出を求める場合があります。)

 

6 助成金の支給

 審査の結果、支給要件に合致している場合は約1か月後に助成金支給決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振り込みます。
 支給要件に合致しない場合は、その理由を記載した助成金不支給決定通知書を郵送します。

 

7 その他 

◎助成金支給申請された検査について、検査内容等で助成金支給の可否の判断不明な点がある時は医療機関に問い合わせることがありますのでご承知ください。

◎虚偽その他不正の手段により助成金の支給を受けたことが判明した時は、当該助成金の返還をしていただきます。

◎本事業は、毎年度ごとの予算化により実施する事業ですので、やむを得ない理由により事業の変更・休止等が行われることがありますので、あらかじめご了承願います。

 

問合せ先(申請窓口) 

  加須保健センター    加須市諏訪1丁目3番6号
 電話  0480 (62) 1311 

お問い合わせ先

健康医療部 健康づくり推進課
住所:加須市諏訪1丁目3番6号
電話:0480-62-1311
メールアドレス:kenkou@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。