表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 国保・年金 > 国民年金 > 遺族基礎年金

遺族基礎年金

更新日:2017年04月27日

一家の大黒柱が亡くなったとき・・・

 遺族基礎年金は、一定の納付要件を満たしている人が亡くなったときに子のある配偶者(または子)に支給されます。

■遺族基礎年金の支給要件 
 国民年金加入中または老齢基礎年金を受ける資格期間を満たした人が死亡したとき(ただし死亡した人について保険料納付済期間(保険料免除期間含む)が加入期間の3分の2以上あること)、その人によって生計を維持されていた子のある配偶者または子に支給されます。
 ※第3号被保険者(会社員等の配偶者)期間に死亡した場合、遺族基礎年金の手続きは年金事務所です。

・死亡者の要件
 次のいずれかに該当する必要があります

 (1) 国民年金の被保険者であること
 (2) 国民年金の被保険者であった人で、日本国内に住所を有し60歳以上65歳未満であること
 (3) 老齢基礎年金の受給権者であること
 (4) 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人であること

 
※ ただし平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

・遺族基礎年金を受けられる人
 死亡した人によって生計を維持されていた子のある配偶者、または子です。
 「子」とは死亡当時、18歳に達する日以後最初の3月31日までにある子のことです。
 (1級・2級の障害がある場合は20歳まで)

・支給される期間
 子が18歳に達する日以後最初の3月31日まで支給されます。 (1級または2級の障がいがある子がいる場合は20歳に達するまで)
 ※ 婚姻したときは受給権がなくなります。

■遺族基礎年金の額
 遺族基礎年金の額は年額 779,300円です。
 
 子の加算 第1子・第2子 各 224,300円
      第3子以降    各   74,800円 
(注)子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は第2子以降について行い、子1人あたりの年金額は、
   上記による年金額を子供の数で除した額。
 

 

関連リンク

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。