表示色
文字サイズ

トップページ > 市民の方へ > 医療・健康 > 高齢者医療 > 入院した時の食事代

入院した時の食事代

更新日:2017年07月25日

入院した時の食事代については、食事療養標準負担額を支払う必要があります。
世帯全員が市・県民税非課税となる世帯の被保険者の人は、入院するときに「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで入院時食事療養標準負担額が減額となります。

入院時食事療養標準負担額

所得区分

食事療養標準負担額

(1食あたり)

現役並み所得者・一般

360円(※1)

低所得者2
(※2)

90日までの入院

210円

過去12か月に90日を超える入院があったとき

160円 (長期入院該当)

低所得者1 
(※3)

老齢福祉年金受給者

100円

※1 指定難病患者の方は、1食あたり260円。また、平成28年3月31日において、既に1年を超えて精神病床に入院している患者および合併症等により転退院した場合で同日内に再入院する方については、経過措置の対象として1食あたり260円。

※2「低所得者2」は、世帯の全員が住民税非課税の被保険者(低所得者1以外の被保険者)。

※3「低所得者1」は、 世帯の全員が住民税非課税で、全員の所得が0円となる被保険者(年金の場合、年金収入80万円以下)

療養病床に入院したとき

療養病床に入院した場合の食事代と住居費(光熱水費)については、生活療養標準負担額を支払う必要があります。
世帯全員が市・県民税非課税となる世帯の被保険者の方は、入院するときに「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで入院時生活療養標準負担額が減額となります。
療養病床とは、長期にわたり療養を必要とする方のための病床です。

入院時生活療養標準負担額

所得区分 生活療養標準負担額

医療の必要性の低い方

医療の必要性の高い方 指定難病患者
食費(1食)

居住費(1日) 

食費(1食)

 居住費(1日)

食費(1食) 居住費(1日)
現役並み所得者・一般

460円

(※4)

320円

(平成29年10月から370円)

360円

0円

(平成29年10月から200円)

260円 0円
低所得者2 210円

320円

(平成29年10月から 370円)

90日までの入院

210円

0円

(平成29年10月から200円)

90日までの入院

210円

0円

過去12か月に90日を超える入院があったとき

160円(長期入院該当)

過去12か月に90日を超える入院があったとき

160円(長期入院該当)

低所得者1

130円円

320円

(平成29年10月から370円)

100円

0円

(平成29年10月から200円)

100円

0円
老齢福祉年金受給者 100円 0円 100円 0円 100円 0円

 (※4)管理栄養士または栄養士により栄養管理が行われているなどの一定の要件を満たす保険医療機関の場合。それ以外の場合には1食あたり420円。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康医療部 国保年金課
住所:加須市三俣二丁目1番地1
電話:0480-62-1111
メールアドレス:kokuho@city.kazo.lg.jp

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。
わかりやすい、参考になったといった具体的な理由を記入してください。
なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。